ワイン酵母×日本酒の新たな可能性を求めた【阿部勘 葡萄酒酵母デ醸ス】

日本酒の話で欠かせないものの一つに「 酵母 」があります。

酵母が糖を食べて、アルコールと炭酸ガスに分解(発酵)する為、
日本”酒”になる重要な要素です。

また、酵母よりお酒の香味が大きく左右されます。

お酒好きなら 協会9号 のようなきょうかい酵母を耳にしたことがあるでしょう。

今日はちょっと変わった酵母を使ったお酒のご紹介です

unnamed

【阿部勘 葡萄酒酵母デ醸ス】

<宮城県 阿部勘酒造店>

ワイン酵母 × 日本酒

日本酒のさらなる可能性を求めて、醸造されました。

香りはスモーキーな樽香のようです。爽快感のある酸味と果実のような甘みを感じます。

他の日本酒とは違いながら、ワインとも違った不思議な味わいです。

普段ワイン🍷しか飲まないという方もぜひお試しください!

 

720ml 1,674 円    ※税込表示
ご購入はこちら


★本日の新入荷★

【日本酒】
陸奥八仙 Natural Sparkling (500ml)
福祝 純米吟醸 播州愛山55 無濾過生原酒 (1800ml/720ml)
雁木 another アナザー 純米吟醸 西都の雫 (1800ml)
花の香 梅香 純米大吟醸 35 (1800ml/720ml)
結(ゆい) 特別純米 あかいわさんおまち (1800ml/720ml)
加茂錦 荷札酒 純米大吟醸 (1800ml)
菊鹿シャルドネ 【熊本ワイン】 (750ml)
リュベロン・ブラン [2017] ラ・ヴィエイユ・フェルム (750ml)

広告

「茨城県 府中誉株式会社」僅か14グラムからのスタート

先日、はせがわ酒店本社にて、茨城県 府中誉株式会社 代表取締役 山内孝明氏にセミナーを行って頂きました。

DSCN9160.jpg

★府中とは?★

蔵元名にもなっている「府中」ですが、茨城県が常陸国と呼ばれていた奈良平安時代、蔵のある石岡市に国府が置かれ、「府中」と呼ばれていた事に由来しているそうです。同様の理由で、現在茨城県以外にも、全国には「府中」と呼ばれている地域があります。

★茨城県は〇〇が盛ん!★

「ところで茨城県といえば何を思い浮かべますか?」

と私たちに問いかけた山内氏。「この紋所が目に入らぬか!?」で有名な水戸黄門や、水戸納豆などが思い浮かびますが、開口一番「47都道府県人気ランキングで5年連続最下位なんです。」と笑いながらおっしゃっていました。しかし、全国1~3位の産出額を誇る農産物が豊富で、非常に農業が盛んな地域であることを教えて下さいました。

★府中誉はこんなお酒★

府中誉といえば、酒米の最高峰「山田錦」の親としても知名度の高い「短稈渡船(たんかんわたりぶね)」を使用した日本酒です。

そのお酒は、1996年全国新酒鑑評会で初めて金賞を獲得、2017年にはインターナショナルワインチャレンジにて純米吟醸部門で金賞を、さらに2018年のSAKE COMPETITIONでは、はせがわ酒店賞を受賞するなど年々注目度は上がっています。

★種籾求めて三千里・・・★

今では様々な蔵で使用され、目にする機会も少なくはない「短稈渡船」ですが、今日に至るまでは苦難の連続でした。

1989年、勤めていた会社を退職され、実家の酒蔵に戻った山内氏は、

「地元農家が育てた酒米で、日本酒を造りたい。」と、考えておりました。

茨城県といえば全国屈指の農業県でありながら、酒米の栽培実績がほとんど無い状態でした。そんな中、地元農家の方から、全国どの農家でも栽培されなくなった酒米「短稈渡船」を以前先代が育てていた事があると教えてもらいます。それまで全く耳にしたことのなかった酒米に面白さを感じ、山内氏はこれを活用しない手はないと考え、種籾を探しに全国を飛び回ります。

しかし、どこを探し回っても渡船は見つからず、これはだめかもしれないと思っていました。その矢先、地元茨城県のつくば市にある、農業生物資源研究所(現農業・食品産業技術総合研究機構)に種籾が保管されているとの情報を得ます。

早速種籾を分けて頂けないか伺うも、国の研究機関を相手取っての交渉は難航しました。しかし、何度も通い続けるうちに山内氏の熱意が伝わり、ついに試験栽培の許可を得ます。その時、分けて頂いた種籾の量はなんとたったの14グラムだったそうです。

早速地元の農家協力の下、作付けを開始します。「短稈渡船」といえば、病弱で発育が遅く、他の酒造好適米に比べると栽培が難しいことで知られています。1989年から2年かけて種づくり、そして苦節の末、1992年にようやくタンク1本分のお酒を仕込むことに成功しました。

超軟質で溶けやすく、吸水コントロールが難しい、さらには高精白に向かない「短稈渡船」。しかし、初めて出来上がったお酒はとても美味しく、「おそらくビギナーズラックです。」とにっこり語ってくださいました。

★酒質向上の為、ワインから学んだこと★

そんな府中誉の酒造りの合言葉は

「造り半分、詰め半分」

酒造りは搾りで完了ではないと強くおっしゃっていました。

ワインの造りをご覧になった時、醸造過程よりも搾った後の貯蔵や熟成に神経を使っていることに気が付きました。これを日本酒の製造に持ち込めば、さらに酒質の向上が図れると考えたそうです。

搾る際、従来のポンプではなく、ワイン用のポンプを使用することで、「揺らさず、ストレスを与えず」お酒を搾ります。さらに、高気密タンクへ移動させ、食添用窒素をタンクの空洞部分に充填し、「空気に触れさせない」ことでお酒の劣化を防ぎます。

タンク火入れは行わず、瓶詰めされたお酒は、その後瓶燗、急冷を経て、全量冷蔵瓶貯蔵されます。その為、多少ガスが残っているお酒もありますが、これはお酒が丁寧に瓶詰めされ保管されていた証拠でもあります。

「人に寄り添い、思わず笑顔が浮かぶ」そんなお酒を醸すことを目指している山内氏。だからこそ、お酒に対してどこまでも丁寧に真摯に向き合い続けているのだと感じました。それが、近年様々なコンクールでの受賞に繋がっているのではないかと思います。

 

DSCN9174.jpg

★テイスティング★

※画像左より

渡舟 純米吟醸五十五 ほのかに香る吟醸香が心地よく、爽やかでキレがいいです。

渡舟 純米吟醸 ふなしぼり 瑞々しいマスカットのような香りと芳醇な味わいが印象的です。

渡舟 純米大吟醸 Premiumu30 煌びやかで華やかな香りと、非常に上品な米の旨みある味わいです。

渡舟 直汲み純米吟醸 キレと繊細さを兼ね備え、直汲みならではのフレッシュさが特徴的です。

太平海 特別純米 ほのかな吟醸香と、すっきりした酸味で食中にオススメです。

太平海 純米吟醸1314 13度原酒ならではのライトさと爽やかさ、さらに米の旨みで飲みごたえもあります。

どの商品も大変素晴らしいバランスで、造りのこだわりを感じられるお酒でした!

今後もみなさんに寄り添い、笑顔にさせる日本酒を作ってくださること間違いありません!!飲んだことのある方も、そうでない方もこの機会に是非試されてはいかがでしょうか!?

→ご購入はオンライン店からどうぞ。

DSCN9168.jpg

【蔵元情報】

府中誉株式会社

〒315-0014 茨城県石岡市国府5-9-32

TEL.0299-23-0233 FAX.0299-23-0234

HP.http://www.huchuhomare.com/

うだる様な暑さを吹き飛ばす、爽快な辛口の泡!【白瀑 スパークリング 山本】

unnamed

【白瀑 スパークリング 山本】

<秋田県 山本合名>

泡の軽快さ&辛口の爽快さ!

大人なスパークリング日本酒です。

滓が少なく口当たりサラリとしています。

揚げ物や肉料理の脂っこさを流してくれるので、

食欲のない夏でも箸が進みます。

 

720ml 1,789 円    ※税込表示
ご購入はこちら


★本日の新入荷★
【ワイン】
シャブリ ”サントクレール” [2017] ジャン・マルク ブロカール

夏の一大イベント!花火大会に持っていきたいお酒【山形正宗 夏ノ純米 花火ラベル 夜の部】

今週末辺りから、日本各地で花火大会が開催されますね。

亀戸店の近くでは隅田川の花火大会があります!

夜空に浮かぶ大輪の花火を楽しみに

持っていく用のお酒、買っちゃいました◝(‘ω’◝)

焼きそばにタコ焼きをつまみに買って…うきうき♪って花より団子ですかね?

(台風も来ているみたいなので、みなさん気を付けてお出かけください。)

unnamed

【山形正宗 夏ノ純米 花火ラベル 夜の部】

<山形県 水戸部酒造 >

メロンや梨のような香りがあり、

芯の通った意外にも骨太な酒質を表現していますが、

当然の如く、キレのある純米酒に仕上げています。

1800ml 2,700円    720ml 1,350円    ※税込表示
ご購入はこちら


★本日の新入荷★

【日本酒】
一白水成 純米吟醸 ”雄町”
雑賀 純米大吟醸
雑賀 大吟醸
【ワイン】
《旭洋酒》→ソレイユ甲州 [2017]
CH.ラトゥール [2006]
クラレンドル・ブラン [2015/16]

★再入荷★テレビで放送されたスパークリング日本酒【羽根屋 純米大吟醸 スパークリング 生酒】

みなさま、7/20のダウンタウンなうはご覧になりましたか?

浜田さん・松本さん・坂上忍さんに加え、ゲストの乾貴士選手が
富山県産の鰤のしゃぶしゃぶ に スパークリング日本酒 を囲みながら
ほろ酔いで盛り上がっていましたね。

今日は番組で扱われたお酒が再入荷しました!

unnamed

【羽根屋 純米大吟醸 スパークリング 生酒】

<富山県 富美菊酒造>

スパークリングになっても感じられる、羽根屋らしい透明感と優雅な立ち香。

軽快な口当たりと綺麗な酸味が爽やかです。

 

出演者のみなさん、用意していた分を全て飲み干されるほど
大変お気に召されたようですよ( ✧ᴗ✧)

720ml 2,700円    ※税込表示
ご購入はこちら


★本日の新入荷★

【夏酒】
南部美人 純米原酒 夏酒 Zephyr
【日本酒】
山本 逆転サヨナラ満塁ホームラン
山本 ツーアウトフルベース
初亀 特別純米 ほまれふじ
モダン仙禽 亀ノ尾
【ワイン】
シャルドネ レゼルヴ [2016/17] ペイリエール

富士酒造のセミナーが行われました

unnamed

先日、有楽町本社で出雲冨士を醸す富士酒造のセミナーが行われました。

富士酒造は 出雲杜氏の伝統の技術を尊重し、人と人、人と食の良き縁を結ぶ出雲の地酒として、コメの持つ特徴を生かした素直で清い酒造りを目指しています。
そのために、一番大事なことは    だと今岡杜氏は話します。

以前は酒質の向上に対して、設備投資に目を向けていたそうですが、数年前から設備投資だけだは限界を感じ、ふと立ち止まった時に、一緒に酒造りをしている    を育てなければ、と思い至りました。「 いい人 が いい酒 を造る … そして いい会社 を作りたい。 」 それ以来、積極的に蔵人とのミーティングや日本酒×鍋を囲う機会などを設け、コミュニケーションを図っているそうです。

 

富士酒造は島根の自然の爽やかな空気に溶けこんだ蔵でお酒を仕込みます。

使用しているお米は95%が島根県産で、水は島根県東部にある神話ヤマタノオロチ伝説の舞台となった特に斐伊川(ひいかわ)の伏流水を使用するなど、島根県産に愛をもってこだわっています。

特に地元の米農家の方達が作った米に付加価値を付け、喜んでもらえるようなお酒を造る使命感を感じていて、ここでも  人  に対する思いの熱さをひしひしと感じました。

酵母について、現在、島根大学と共同研究で 出雲酵母 を開発中で、こちらもこれから非常に楽しみとのことでした。

出雲冨士が造る、島根愛の詰まった日本酒、ぜびご賞味ください。

 

出雲冨士PickUpページはこちら

m

自分のままであり続ける…白

unnamed

【くどき上手 白Jr 純米大吟醸 山田穂44】

<山形県 亀の井酒造>

亀の井酒造の現社長のご子息の今井氏が全て手がけた、新しい世代のくどき上手として、

これまで『 黒Jr 』・『 赤Jr 』がリリースされてきました。
第三弾の…『  白Jr  』!

お米は山田錦の母系・播州山田穂を44%まで磨きました。

今までのくどき上手には無かった 新しい酸 と 香り をお楽しみいただけます.。o○

 

1800ml 3,780円   ※税込表示
ご購入はこちら


★本日の新入荷★

【日本酒】 山本 純米大吟醸 木桶仕込み アイスブルー
大那 特別純米 13 原酒
【スパークリング日本酒】 一ノ蔵 幸せの黄色いすず音
【ワイン】 ココ・ファーム・ワイナリー →甲州 F.O.S [2015/16]