月別アーカイブ: 2015年4月

「 澤屋まつもと 」京都府松本酒造 セミナー開催!

当日は蔵元杜氏である松本日出彦氏にお越しいただいて、

蔵元の想い、澤屋まつもとの味わい、お酒の提供方法、販売方法、日本酒業界の未来について!?などなど、

飲食店様向け、スタッフ向けとそれぞれ開催いたしました。

 

松本酒造は1791年創業。京都市伏見の歴史ある酒蔵で、

赤レンガ蔵と八角形の煙突が印象的な酒造蔵は近代化産業遺産に指定されており、

先日終了した人気の朝ドラ「 マッサン 」のロケ地にもなりました。

良質な『 米 』と地元である京都の『 水 』に強いこだわりを持ち、

酒米は兵庫の「 山田錦 」、北陸南砺産の「 五百万石 」など、

水は「 伏見桃山の伏水 」のみを使用しています。

そして酒造りにおいて最も重点を置いているのは『 原料処理 (精米や洗米) 』とのことでした。

良い麹、酒母、仕込み、すべては良い「 蒸米 」が得られなければ話になりません。

さて今回のセミナーの中で松本さんにご用意いただいた試飲サンプルはこちらでした。

今年26BYに新発売されました、

弊社はせがわ酒店オリジナル商品 ◆「 澤屋まつもと Tojyo 」です。

 商品ページはコチラ 

つい先日から販売を開始したばかりですが、

皆さま、もうお飲みいただけましたでしょうか?

こちらは兵庫県「 東条産 山田錦 」を使用し醸したお酒。

先入観なしに飲んでいただきたいという想いと、

原料米である「 東条産 山田錦 」のパワーを感じてほしいという想いから、

あえてスペックを名乗らず、産地である「 Tojyo 」と名付けました。

ピチピチとした口当たり、ジューシーな旨みの広がり、

スマートな飲み口ながらしっかりとしたボディを感じさせ、心地よい苦みと酸味が、全体を引き締めます。

旨み、爽やかさ、透明感を兼ね備えた味わいに、一口飲んだ瞬間から、もう虜になってしまいました・・

特に今回の「 Tojyo 」の味わいの中で注目すべき点は、

口に含んだ時の酒の輪郭、骨格を作る『 苦み 』とのこと。

『 苦み 』それ自体を醸造過程で味の要素として作り出すのではなく、

苦み以外の味わいの要素を引き締めることによって、もともとわずかに存在する苦みをより際立たせることに成功しています。

京都の味が自分の基本にあるという松本氏が、料理との相性を様々な角度から分析し、

五味のバランスを徹底的に追及した「 澤屋まつもと Tojyo 」。

まだお飲みでない方は、是非一度お試しください。

蔵元杜氏である松本氏も納得の、会心の出来栄えです。

そして、当店でもすでに人気のこちらの商品、

昨年から販売を開始いたしました ◆「 澤屋まつもと Kocon(ココン) 」

 商品ページはコチラ 

アルコール度数13%の新しいタイプの日本酒で、大変飲みやすく、爽やかな旨みを楽しめます。

実はこのお酒の商品名と、松が描かれているこのラベルには、こんな意味があるんです。

『 松に古今(Kocon)の色なし 』

松の葉はどれも同じ緑色に見えますが、よく見るとその中には

古い葉と新しい葉があり、それらが合わさって松が成り立っています。

これは一言で日本酒といっても、いろいろなタイプ、

味わいがあるということを表現しています。

ラベルをよく見てみると松の葉の一部が、黄色になっているのがわかります。

その中でも個性と信念を持った、新しい日本酒を造りたいという、

この松の葉のように、きらりと光るセンス、酒造りに対する強い思いを

今回、松本さんのお話の中から感じることが出来ました。

松本日出彦氏が造る京都の「 澤屋まつもと 」、是非お試しください(^^)

Sakenomy@ミラノサローネ & TDW2015

世界最大のデザインイベント「ミラノサローネ」。

そこに参加しているTOKYO DESIGN WEEK in MILANO 2015では、

デザインやアートだけでなく、音楽や食にまで幅をひろげ、

東京、そして日本のクリエイティブを発信しています。

そこで日本酒&焼酎も注目を浴びているのを皆さんご存知でしょうか?

中田英寿さんがプロデュースする、日本酒バー

「Sakenomy」(サケノミー)

が出店され、世界中の人に日本酒や酒器を通しながら、

日本の伝統文化の魅力を発信しています。

mirano2

現地では、蔵元様と弊社代表長谷川も応援に駆け付け、

お客様と交流しながら日本のお酒の魅力を伝えています!

イベントHPはこちら
>>>TOKYO DESIGN WEEK in MILANO 2015

ちなみに提供されている銘柄はコチラ↓ 
※在庫が無いとページが表示されません

紀土 純米大吟醸 山田錦

紀土 純米大吟醸 ”山田錦”  平和酒造[和歌山県]

 

東洋美人 純米大吟醸 一番纏

東洋美人 純米大吟醸 一番纏  澄川酒造場[山口県]

 

作 純米大吟醸 雅乃智

作 雅乃智 中取り 純米大吟醸  清水清三郎商店[三重県]

 

伯楽星 純米吟醸

伯楽星 純米吟醸  新澤醸造店[宮城県]

 

琵琶のささ浪 純米

琵琶のささ浪 純米 麻原酒造[埼玉県]

 

中々

中々 麦焼酎  黒木本店[宮崎県] 
(オンライン店取扱い無し)

よいお酒が遠く離れたミラノでも楽しめるって素敵ですね~(^^)v

この機会に一人でも多くの方に日本の酒の素晴らしさが伝わりますように!

長野県&佐賀県 日本酒イベント情報!

イベントのお知らせです。

美味しいお酒がこれでもかっ!と言うくらい大集合です。

※チラシ画像をクリックで、各県酒造組合のホームページへ移動します。

 

2015 長野の酒メッセ

36C-6-20150416160121

 

こちらと、もう一つ☆

第九回 探そう!美味しい佐賀の酒

2015さがの酒

 

ぜひ多くの方のご参加おまちしております(*^_^*)

TAKIZAWA WINERY 滝沢ワイナリー

先日のリタファーム&ワイナリー様に引き続き、

北海道の取り扱いワインがまた新たに増えました!

「TAKIZAWA WINERY」

2004年に畑の開墾から始め2013年に念願のワイナリーを設立。

自然の持つ力を極力引き出し、力強い、生命力を感じるワインづくりに取り組んでいます。

極力農薬を使用せず栽培した葡萄を使い、野生酵母の力を借りて、

その土地の個性をしっかり反映したワイン、

口に含むと幸せを感じる、体にやさしいワイン、

食事との相性を考えたワイン、

また、いずれは日本を代表するワインを目指します。

taki1

商品一覧はこちらから>>>TAKIZAWA WINERY

民宿とおの どぶきゅ~る

民話の里“遠野”より懐かしさと新しさが融合した

新感覚のどぶろくリキュール、

その名も「どぶきゅ~る」が登場です!

自家製のどぶろく作りで有名な「民宿とおの」謹製のどぶろくに、

岩手県産のぶどう果汁とりんご果汁を使用。

トロッとして、シュワッとして、果汁の良い香りがフワリと漂います。

勿論、添加物は一切無しの手作りです。

ぜひそのナチュラルで楽しい飲み口、味わいをお楽しみ下さい☆

tono4

ちなみにお米は無農薬・自家栽培で丹精込めて育てた、遠野1号。

あの亀の尾の血を引き、遠野の気候に合う様生み出されました。

<<注意事項>>

開栓は要注意。活きてます!

よく冷やして、

王冠を抑えながら、

ゆっくり開けてお召し上がりください!(^^)!

商品一覧はこちらから>>>民宿とおの どぶきゅ~る

リタファーム&ワイナリー

北海道余市町にて2013年に設立された新しいワイナリー。

地元ご出身の奥様と旦那様で運営されています。

ワイン造りは野生酵母による自然発酵で、

可能な限り自然に逆らわない醸造を実践しています。

お二人の人柄が現れた様な優しくゆったりした雰囲気のワイン。

けして華美ではないけれど、素材そのままの自然な味わい。

自分たちらしさ、リタファームらしさを大切にしています。

リタファーム

リタファーム&ワイナリー

商品一覧はこちらから>>>リタファーム&ワイナリー

いよいよ搾りです!@三井の寿 14%精米

14%精米のお酒もいよいよ搾りです。

20150323_113657

純米大吟醸なので、袋吊りで雫搾りしていきます。20150323_113017

20150323_112931

20150323_113018

20150323_115257

醪日数は驚異の50日(通常は23~30日)

しかし、そんなに長い日数なのに、アミノ酸は1.1と少なく雑味が全く有りません。

流石14%精米!

搾った後のお酒の色も普段の大吟醸の色よりも、より黄緑色が強く綺麗です。20150324_084638

最終スペックは
アルコール15.9
酸度  1.5
アミノ酸 1.1
日本酒度 -5
粕歩合  45%
になりました。

いつもご覧いただきありがとうございます。はせがわ酒店です。

ついに搾りも終わりました!

袋吊り、スピード感ありますね。

高精米の上、これまで大切に、丁寧に仕込まれてきた純米大吟醸。

はぁ~ 美味しそうですね~ ^m^!早く飲みたい…

しかしながら、あとちょっと。

お酒が出荷の頃合いになるまでもう少しお待ちください!

三井の寿 14%精米 今までの仕込の様子はコチラ!>>>三井の寿 14%精米