はせがわ酒店×永井酒造 オリジナル限定酒 仕込んでます!

群馬県川場村にある永井酒造。高品質な山田錦や、地元の酒米を大切に名酒「水芭蕉」「谷川岳」を醸します。名前の通り、清らかで清潔感のある口当たり、綺麗な果実香と上品な味わいが優しく広がります。

近年では「ナガイスタイル」と銘打ち、フランスの星付きレストランをはじめ、美食のシーンで日本酒の新たな楽しみ方を広め、またスパークリング日本酒にこれまでに無かった価値とクオリティを提案する「awa酒」を牽引する存在としてますます注目を集めています。

そんな永井酒造と私たちはせがわ酒店の限定酒が、なんと近々誕生する予定です!代表の長谷川が永井酒造を訪れた際に、群馬からもっと注目を集めるような美酒が生まれて欲しいと言う事を蔵元に伝え、話がスタートしました。

今回のお酒の注目すべきところは、麹に兵庫県三木市産の上質な山田錦、掛米に川場村産ブランドコシヒカリの雪ほたかを使用しているところ。いずれも高品質を目指し、田園風景を未来に受け継いでいくことを掲げ、タッグを組んできた契約農家のお米です。栽培時から熱い想いが込められています。

雪ほたかはかつて川場村の村民の間で消費され一般流通しなかった幻の米。2004年よりブランド化を目指し活動を続けた結果「全国米・食味分析鑑定コンクール」にて連続金賞受賞、最近話題の世界最高米への採用など、高い評価を受けています。

世界を見据え永井酒造が培ってきた酒造りの経験と地元川場村の人々の取り組みが生み出すあらたな1本を是非お楽しみに!

現在、絶賛仕込中ですが、その様子を少しご紹介致します。

洗米1

仲仕込1

写真は仲仕込みの様子です。雪ほたかの旨味を引き出すべく、吸水は多め。狙い通り、やや柔らかめの蒸米に仕上がっているそう。留仕込みの際は逆に吸水を控える予定との事です。

現在、醪の発酵は中盤を迎えています。元気よく炭酸ガスの泡が弾けアルコールも10%を超えてきており、仕込室には吟醸香が漂うようになっているそうです!出来上がるのが楽しみですね☆

広告