作成者別アーカイブ: はせがわ酒店 オンライン店

はせがわ酒店 オンライン店 について

はせがわ酒店オンライン店 新入荷商品や耳より情報のご案内

全員メガネの蔵人が醸したメガネ専用酒。おまけも!【萩の鶴 メガネ専用 特別純米】

unnamed

【萩の鶴 メガネ専用 特別純米】

<宮城県 萩野酒造>

10月1日は「日本酒の日」、そして「メガネの日」。

蔵人全員がメガネをかけている萩野酒造から、
これらの記念日にちなんだ、お酒が届きました。
メガネの曇りと闘いながら、一生懸命仕込んだ特別純米酒です。

なんと、眼鏡拭き付!日本酒業界でこのおまけは初めてじゃないでしょうか…?

高い香り、深い味わい、インパクトのある酸味を両立。澱が絡む可能精があります。

 

期間限定のインスタ投稿キャンペーンもあるので、
< お酒とメガネのおしゃれな写真 >をぜひ応募してみてください~
▼「萩の鶴」萩野酒造ホームページはこちら
http://www.hagino-shuzou.co.jp/news.php

1800ml 3,132円    720ml 1,674 円    ※税込表示
ご購入はこちら


★新入荷情報はこちら★

【秋酒】 仙禽 赤とんぼ 秋あがり / 蒼天伝 純米吟醸 美禄 ひやおろし 秋月の露しずく
【日本酒】 くどき上手 大吟醸 鑑評会 出品酒 / くどき上手Jr White Beauty 純米大吟醸 雪女神29% / 旦 山廃純米
【ワイン】 CH.モンテュス [2013] / ピュリニー・モンラッシェ [2015] ポール・ガローデ / ムルソー・アン・ラ・バール [2014] アントワーヌ・ジョバール

広告

復活米”短稈渡船”を使用した一白水成が新入荷!【一白水成 純米吟醸 短稈渡船】

unnamed

【一白水成 純米吟醸 短稈渡船】

<秋田県 福禄寿酒造>

2018プレミアムシリーズ!

今回は山田錦の父にあたる「 短稈渡船 」、この復活米を使い醸しました。

兵庫県産のものを50%精米しています。

落ち着いた香りで、バランスの取れた味わいです( *ˊᵕˋ )

 

数量限定ですので、お早めに☆

720ml 2,160 円    ※税込表示
ご購入はこちら


★本日の新入荷★

【秋酒】 来福 純米吟醸 ひやおろし
【日本酒】 富久長 純米吟醸 ”山田錦”
【焼酎】 久保 全麹仕込み 麦焼酎
【ワイン】 フジッコワイナリー→フジクレール ラシス マスカット・ベリーA [2017]  / フジクレール 隼山メルロー [2017]
北海道ワイン→葡萄作りの匠 北島秀樹 ツヴァイゲルトレーベ [2017]
ヒトミワイナリー→h3 Ikkaku 田舎式微発泡にごりワイン 赤

クリアでヤマトナデシコな雄町【モダン仙禽 雄町】

unnamed

【モダン仙禽 雄町】

<栃木県 (株)せんきん>

仕込み水と同じ水脈の田圃で育った雄町での仕込。

仙禽唯一無二の『水』と純粋に向き合って造りに臨んだ結果、香り・味わいに透明感、みずみずしさ、ジューシー感、クリアで繊細な酸味、を感じられる出来栄えとなりました。

蔵元は「雄町をゴージャスに、骨太に創る(造る)のは簡単です。

しかしながら、これほどまでに「水」の存在感に溢れ、ヤマトナデシコな雄町は、存在しないはずです」とのこと。

1800ml 3,456円    720ml 1,728円    ※税込表示
ご購入はこちら


★本日の新入荷★
【秋酒】
大山 ハロウィン・さんま・きのこ / 南部美人 / 大那
【日本酒】
出羽桜 山田錦 桜花吟醸 / 播州一献 山廃純米 ”愛山” 生酒 /

旬の食べ物と旬の純米大吟醸をぜひ合わせてみてください。【尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 旬吟 秋 生詰】

unnamed

【尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 旬吟 秋 生詰】

<群馬県 龍神酒造>

オゼユキの旬吟シリーズ、秋ver!

リンゴを思わせる華やかな香りと

秋向けのまったりと円熟した丸くやわらかな甘みに、キレ良い後口が特徴です。

柑橘系の酸も感じられます。

1800ml 2,980円    720ml 1,598円    ※税込表示
ご購入はこちら


★本日の新入荷★

【秋酒】
国権 / 紀土 / 羽前白梅 / 若駒
【日本酒】
みむろ杉 袋搾り大吟醸 金賞受賞酒 斗瓶取出品酒 / 玉川 自然仕込 タイムマシーン vintage
【スパークリング日本酒】
花の香 純米大吟醸 雪花 生
【焼酎】
蔵の師魂 いもいも 木桶蒸留 芋焼酎25°
【ワイン】
酒井ワイナリー→バーダップ・ワイン赤 [2017]  / バーダップ・ワイン白 [2017]

<ひやおろし続々入荷!>濃密でいて綺麗な冷卸【黄金澤 山廃純米 原酒】

unnamed

【黄金澤 山廃純米 原酒】

<宮城県 川敬商店>

完熟した果実のような香り

一滴一滴が濃密ながらキレが良く、バランスの取れた味わいで、

のど越しもよいひやおろし。黄金澤の中では綺麗なタイプです。

1800ml 2,756円    720ml 1,378 円    ※税込表示
ご購入はこちら


☆本日の新入荷☆
【秋酒】
初亀 純米吟醸 / 松の寿 山廃純米 五百万石 / 東魁盛 純米吟醸 / 千代 純米吟醸 / 朝日榮 特別純米 / 阿部勘 純米吟醸 原酒 / 丸石醸造 萬歳 純米 7割磨き
いづみ橋 純米吟醸 楽風舞 / いづみ橋 生もと純米 山田錦 / いづみ橋 生もと純米 雄町 / 篠峯 ろくまる 純米吟醸 “雄町” / 篠峯 秋晴 純米 ”山田錦” / 酉与右衛門(よえもん)  純米吟醸 秋桜 吟ぎんが / 会津中将 特別純米 / 三井の寿 秋純吟 Porcini / 春霞 栗ラベル 黄 特別純米 山田錦 / 醴泉 純米吟醸 ”山田錦” / 早瀬浦 特別純米 夜長月 / 惣邑 純米 “出羽の里”
【日本酒】
山形正宗 純米吟醸 酒未来
【ワイン】
ココ・ファーム・ワイナリー→ 風のルージュ [2015/16] /  クラレンドル・ルージュ [2013/14] / ラ・ソシアル ルエダ [2015/16] パルティーダス・デ・ラ・グランハ / フェット・ドール [N.V.] アンリ・メール / メトード・ドラディショネル・ロゼ [] ジャン・マリー・ペネ

「岩手県 赤武酒造」これぞ岩手のニュージェネレーション!

先日、はせがわ酒店本社にて、岩手県 赤武酒造 杜氏 古舘龍之介さんにセミナーを行って頂きました。

DSCN9179-1

★実はでっかい岩手県★

北海道に次ぎ、国内2位の面積を誇る岩手県。その広さは四国がスッポリ納まってしまうほどです。

そんな広い岩手県の東側、海に面した大槌町赤浜にて、もともとは漁師であった先代古舘武兵衛が、明治29年に創業しました。蔵の場所と先代の名前を文字って「赤武酒造」が誕生しました。

 

★多くを失ったあの日★

古舘さんは高校時代、空手でインターハイに出場するほどのスポーツマンでしたが、大学選びの際、東京に出たかったことと、せっかく学ぶのであれば身になるものを学ぼうと、酒蔵である家業を継ぐことを意識し、東京農業大学に通い始めます。そんな大学生のある日、思いがけない出来事が起こりました。

平成23年3月に起きた、東日本大震災です。

蔵のあった岩手県大槌町は海に面しており、その被害は甚大なものでした。父親で代表の古舘秀峰さんから「もう酒造りができない。東京でどこか就職してくれ。」そう言われた時は、頭の中が真っ白で何も考えられない状況だった、とても再び酒造りができるとは思っていなかったそうです。

震災から2か月後の平成23年5月、同県盛岡市に仮工場を移し、リキュールの製造を始めます。周りの反対を押し切っての再出発だったそうです。さらに同年12月、岩手県内の他の蔵元さんの設備を借りながら、製造技術を学びつつ、かつての銘柄「浜娘」の再出荷を始めます。

そして平成25年、新蔵を建て、ついに震災後初の赤武酒造としての酒造りがスタートし、さらに1年後、平成26年ついに古舘さんが蔵に入り、いよいよ新体制での酒造りがスタートします。

 

★「1、人 2、衛生 3、酒造り」★

蔵に入った古舘さんは、自分のような若い世代にも、かっこよく美味しい日本酒を飲んでほしいと新ブランド「AKABU」を立ち上げます。ラベルのデザインも同蔵の蔵人が手掛けます。

まったくの素人からの酒造り。幸い蔵の隣に、県内の物造り支援を行っている「岩手県工業技術センター」があり、1日のうちに何回も通い、「電話をすれば5分で来てもらっていました。」と、当時の酒造りを思い出し苦笑しながらおっしゃっていました。

目指す酒質はフレッシュで綺麗な味わいのお酒。そんなお酒を造る為に一役買っているのが震災後に建てた新蔵です。こちらは、酒造りをする蔵ではなく、食品工場の造りを参考にしています。入り口を2階に造ることで害虫やホコリの進入を防ぎ、廊下の床下角を丸くすることで角にゴミやホコリが溜まりにくくなっています。

赤武①

意識しているのは衛生面だけでありません。働く人間の事も考えた酒造りをしています。蔵内の水道からはお湯がでるようになっており冬場の作業のケアを、働く時は必ず2人1組で働き、安全面も気を付けています。さらに、驚かされたのが、なんと赤武酒造は完全週休2日制!!造りのシーズンで完全週休2日制!!しかも夜中の室の作業なども、造りの工程を練りに練った結果必要なくなったそうです!「父がそういった働き方をきちんと管理してくれているので、自分は酒造りに集中できています。」とお話ししてくださいました。働く人のことを考えケアし、みなが万全の状態で酒造りに臨めるからこそ、近年の「AKABU」のめざましい活躍に繋がっているんだと感じさせました。

赤武②

手探りながらも毎日研鑽を重ね製造をしていく過程で、その酒造りはどんどん洗練されていき、古舘さんが造りに携わりわずか2年にも関わらず、SAKE COMPETITION 2016にて「AKABU」が次々とGOLD、SILVERを獲得します。その後のSAKE COMPETITION 2017、2018でも軒並みノミネートを続け、岩手の代表銘柄の仲間入りを果たしたと言っても過言ではなくなりました。

 

★以下、上写真左よりテイスティングコメント★

IMG_6013-1

赤武 純米 旨みのふくらみを感じるも後にキレがあり、食中も◎な味わい。

赤武 純米吟醸 メロンを思わせるフルーティさと甘味、旨みのボリュームある酒質。

赤武 純米吟醸 山田錦 上品な香りとふくよかな旨み、旨口好きにはたまらないお酒。

赤武 F ほのかな吟醸香と甘み、キレよく家に常に置いておきたい1本。

赤武 純米大吟醸 極上ノ斬 エレガントな旨みと香り、透明度の高い純米大吟醸。

これだけ評価され、すばらしい酒質のお酒を世に出している古舘さんですが、自分なんかはまだまだだと上を向く姿勢は崩しません。「課題もありますし、今後の取り組みとして、蔵人ひとりひとりのスキルアップや、地元農家との契約栽培などもしていきたい」と語る古舘さんは、やる気に満ち溢れていました。

社員全員の合言葉は「赤武酒造の新しい歴史を創る!」。時代に合う酒造りを理解し、岩手から情熱と愛情と根性で醸す酒「AKABU」を造りあげています。新しい時代に受け継がれていく日本酒を目指して日々進化する酒造りを行っています。「AKABU」は、今後の新たな日本酒時代をけん引していって下さること間違いなしです!この機会に是非お試しください!!

→ご購入はオンライン店からどうぞ

toji

 

【蔵元情報】

赤武酒造株式会社

〒020-0857 岩手県盛岡市北飯岡1-8-60

TEL:019-681-8895  FAX:019-681-8897

HP:https://www.akabu1.com/

一本ずつ丁寧に貯蔵・熟成された秋のお酒【太平海 純米吟醸 びん囲い】

0

【太平海 純米吟醸 びん囲い】

<茨城県 府中誉>

秋上がりをした季節限定の純米吟醸です。

タンクではなく、冷蔵瓶貯蔵にてひと夏を越しました。

ふくよかな香りと、落ち着いた旨味膨らむ味わいは、秋の味覚にぴったりです。

1800ml 3,240円    720ml 1,620円    ※税込表示
ご購入はこちら


☆本日の新入荷☆
【ワイン】

キュベ・オノ オレンジ [2015] 【ヒトミワイナリー】
シルバー 赤 [2015] 【井筒ワイン】
ルエッタ・フィアーノ [2017] マスカデルタッコ
ローマ [2016] ポッジョ・レ・ヴォルピ
ルージュ [2014] ヴィーニュ・ヴェルト